« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月23日 (金)

2月21日(水) 今年初釣行 柴山

いやぁ~、ストレスたまってました。
久しぶりの釣りです。こんな時期に日本海に行くのは、はじめてですが。とりあえず大アジ・メバル狙いで。

Photo_0411
昨年5月以来の柴山・福祥渡船。天気・快晴、海・ベタ凪。
午後2時頃気持ちよく、いざ出船。

Photo_0441
船長「どこ行く?どこでも行ける」
三角、ふなかくし、西が崎・・・選び放題となると悩んでしまった。結局、探りまわろうということで柴山大島(上写真)に。

Photo_0451
渡礁場所・大島北側真ん中付近。
潮は、ゆっくり東に流れる本潮。日が暮れるまで少し西風が吹いてました。

明るいうちは、腹が膨れ上がったフグ1匹のみ。
日が沈んでから、大島東端でアジ・メバル・ガシラがぽつぽつと・・・・本当に・・・ぽつぽつ・・・
20cm級のアジならいくらでも釣れそうな感じでした。
メバルは、水道向きのほうがいい感じでした。
結局、30cmガシラ1匹・30cm弱のメバル2匹・小さいメバル数匹・30オーバーのアジ1匹・小アジキープ少し。
産卵後かなんかで、単発的なアタリばっかりで入れ食いになりませんでした。

午後9時までの半夜釣り。久しぶりに磯の上に立てて釣りが出来ただけでも気持ち良かったです。

船長の話によると、昼間はフグばっかりだそうです。一文字でも日が沈んでから、釣れ出したそうです。

また、来月ぐらい行けるかな。次回釣行、お楽しみに。

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

回想録 其の三 メバル編

今回は、メバル。美味い魚ですね~、普段釣っても自分ではあまり食べないんですがこの魚は別。大好きです。人にやっても一番喜ばれるのが、この魚。

メバル釣りに関しては、かなり自信あり。独自の爆釣ポイントを持っているから。腕がいいというわけではないんです・・・・・
そのポイントは、地磯のポイントで但馬海岸の中ではそこそこ名が知れてる所。行くのが、若干大変ですが価値があるんです。毎年、春先の凪の日に30cmオーバーを数多くあげています。瀬戸内でも数釣れますが、いい型が岸から狙えるのがこの海の魅力なんです。

最近、雑誌とか読んでるとルアーで狙うメバリングなんかが流行ってるそうで。手軽でいいとは思うんですが自分は、何故かルアーに抵抗があって活き餌で狙ってます。ブツエビのマキエにサシエはシラサエビ(地エビ)の二本針仕掛け(手製)。オキアミを持っていく釣りより荷物が軽くてすむので楽です。

なかなか仕事の休みと凪の日が合わないんで、何回行けるか分かりませんが今年は渡船の半夜釣りでも狙ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

回想録 其の二 スズキ編

今回は、スズキということなんですが・・実は、スズキ狙いで釣行したことが1回もないんです。ルアーが、苦手で。だからいつもたまたま。

まだ、日本海で磯釣りをはじめて間もない頃柴山に夜釣りに行った時の事。夕方に港に着いて、北村渡船で湾内の磯に渡礁(赤い灯台のある磯。名前忘れた)。話は、それますが知ってる人にとっては懐かしい渡船屋ではないでしょうか?私も今は亡きあの船長が懐かしいです。ともかく当日は、波が少しあって「湾内しかあかん」となりました。「何も釣れてへんから、帰り」とも言われましたが。
ちょうど日が暮れかかったころ、目の前にナブラが頻発。たまたま前日にいつも行ってる釣具屋で「このルアー釣れますよ。まだこっちではあまり広まってないんですけど。」って薦められたマウス?の付いたルアーを持ってたんで、これは試すチャンス。第1投・・・・・
ガツーン・・「えっ?」いきなりでした。訳もわからぬまま釣り上げたのは、68cmのスズキ。立派なもんでした。その後、調子に乗ってやるも不発。次の日の朝、明るくなってから迎えが来るまでやったんですが不発。まぁ、見事なビギナーズラックでした。

今のところ、チヌ狙いの外道でセイゴクラスは釣ってるもののスズキとなるとこの1匹だけ。写真も魚拓もなし。とっときゃよかった。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »